西島悠也|音楽を有効活用しましょう

西島悠也の短眠方法

西島悠也

 

よく「短眠方法」を聞かれるのですが、私がこだわる部分は食事の摂り方についてです。

 

究めて単純なのですが、あまり食べすぎないことが短眠には望ましいんです。

 

食べると眠くなる経験は誰もがしていると思います。

 

人間は満腹になってしまうと物事に対する意欲が失われ、食べ物をしっかり消化するために眠気が刺激されるのです。

 

たくさん食べてしまうと、24時間体内で食べ物を消化している状態になるため、非常に体力を使ってしまうのです。

 

食事の時間や量に気をつけて、胃や腸を休ませる時間を設けるのは短眠にとても大切です。

 

また、食べ物も肉を摂るようにしています。

 

深い睡眠を取りたければメラトニンを増やすのが大切です。

 

このメラトニンの原料となるのがセロトニンで、セロトニンが多い人ほど深い睡眠を取ることができます。

 

肉にはセロトニンの原料となるトリプトファンが豊富に含まれています。

 

このトリプトファンを摂るとセロトニンが生成しやすくなり、セロトニンが脳内にしっかり存在すると多幸感を味わうことができます。

 

肉をガツガツ食べる人はトリプトファンを沢山摂取できるため、セロトニンをしっかり生成することができ、メラトニンも作れるというサイクルを築けるのです。